醜状障害

事故当時13歳の男性が、足の醜状痕で12級相当の後遺障害認定を受けた事例

1 事故の被害者  事故当時13歳の男性。 2 事故の態様  自転車で自転車横断帯を走行して、道路を渡ろうとしていたときに、前方不注意の自動車が、自転車に気がつかず、左折の際に巻き込み事故を起こしました。 3 傷害の態様  足の大腿部(太もも)の裏側やすねの部分に傷跡が残り、症状固定と診断され、自賠責から12級相当の後遺障害認定を受けました。 4 保険会社の損害額提示  保険会社の提
続きを読む >>

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。0120-552-451

最新情報・解決事例