最新情報

40代・専業主婦が外傷性頚部症候群で非該当になった事例

1被害者の属性  40代女性、専業主婦 2事故の態様  自動車で走行中、レーンを変更してきた車が衝突してきた。 3傷害の態様  外傷性頚部症候群に約1年通院し、症状固定の診断。 4保険会社の損害額提示  まず、保険会社の事前認定では非該当となりました。 5 当事務所受任後の解決  当事務所が依頼を受けた後は、異議申立をしましたが、非該当の結論は変わりませんでした。主婦の休業損害と
続きを読む >>

30代・理容師・男性が顔面の醜状障害で12級14号の後遺障害認定を受けた事例

1被害者の属性  男性・30代、理容師 2事故の態様  二輪車で走行中、前方をふさぐように停止した自動車に衝突した。 3傷害の態様  顔面挫創、左鎖骨骨折、右膝半月板損傷。 事故後整形外科に約半年通院し、症状固定の診断。 左鎖骨は治癒。 4保険会社の損害額提示  保険会社の事前認定により後遺障害の等級申請を行い、顔面の醜状障害について12級14号に認定を受けました。相手保険会社は、こ
続きを読む >>

60代、専業主婦がCRPSで14級9号の後遺障害認定を受けた事例

1被害者の属性  事故時60代、専業主婦。 2事故の態様  優先道路を走行中、加害者が細い道から入ってきて衝突。 3傷害の態様  左第五中手骨骨折、複合性局所疼痛症候群 事故後約2年2カ月整形外科に通院し、症状固定の診断。 4保険会社の損害額提示  保険会社の事前認定により後遺障害の等級申請を行い、14級9号に認定を受け、その後に当事務所に依頼。受任前に相手方の任意保険会社からは約1
続きを読む >>

40代、会社員の男性が左脛骨高原骨折の結果、12級13号の後遺障害認定を受けた事例

1被害者の属性  事故時40代、会社員の男性。 2事故の態様  歩行中、交差点を渡る際に、加害自動車にひかれた。 3傷害の態様  左脛骨高原骨折、左腓骨骨折、左下腿挫傷 事故後約半年整形外科に通院し、症状固定の診断。 4保険会社の損害額提示と受任後の解決  12級13号に認定された後、保険会社の提示は約670万円でした。その後、当事務所が依頼を受け交渉したところ、980万円が提示され
続きを読む >>

50代、兼業主婦の女性が頸椎捻挫14級9号の後遺障害認定を受けた事例

1被害者の属性  事故時50代、兼業主婦。年収200万円程度 2事故の態様  車に乗車中、信号待ちで停止しているところに後ろから追突された。 3傷害の態様  頸椎捻挫、腰椎捻挫 事故後約6カ月整形外科に通院したが、6ヶ月経過したことを理由に保険会社が一方的に治療を打ち切った。そのことに不満があり、文句を言ったところ、相手には弁護士が代理人としてついた。怪我が詐病ではないか、といわれた。仕
続きを読む >>

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。0120-552-451

最新情報・解決事例