弁護士法人アルマが選ばれる理由

被害者限定の交通事故無料相談会(郡山・山形・いわき)

最新情報・解決事例

受傷部位 傷病名別の解決事例

ご依頼者様からの感謝のお手紙 (こちらをクリックしてください。

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。0120-552-451

代表弁護士 三瓶からのごあいさつ

1 ゆっくり深呼吸してください。ご自身をいたわってください。

 交通事故に遭われた方、そのご家族の方。

 大変でしたね。事故前の生活に戻すどころか、不自由な思いをしながら、病院に行ったり、将来のことを心配したり、目まぐるしくいろんなことをやらなければならない状況。

それに加えて、保険会社は自分たちのことを何も理解していない、親身になってくれない、誠意がない、など保険会社の対応にも様々なご不満があることでしょう。

でも、大丈夫です。

とりあえず、深呼吸をして落ち着いてください。

今の状況を正確に理解し、今後、適切に進めるためのスタートラインにあなたは立ちました。

あなたに必要な情報が私たちのサイトにあると良いと思います。

今後も、被害者の方を応援するために、情報の充実に努めて参ります。

2 被害者救済のための仕組み作り

交通事故に関わる人たちの中で、一番辛い思いをしているのは被害者なのに、いつも置き去りにされてきました

保険会社は慣れているのでわからない知識を振りかざし、それを当然のように押し付けてくるかもしれません。

被害者は、ただただ要望を聞いて欲しいだけなのに、それすら叶いません。

弁護士に相談するような案件なのか、違うのかもわからない。

医者の先生の仕事は、怪我を治す事です。被害者にとっては、治療後に後遺症が残ったときにどうするのかは重要な事ですが、医師の先生は後遺症には興味がない人が多いかもしれません。

被害者は、いろいろなことを考えなければならないのに、それを全体についてサポートしてくれる人がいない、それが私たちのサポート体制の出発点です。

私たちは、医療についても勉強しています。もちろん、医師の先生のレベルには到底及びませんし、治療ができるわけでもありませんが、賠償請求をしていく上では、傷病の内容がどのようなものであり、どんなメカニズムでその「結果」が生じているのか、今後はどうなっていくのか、その傷病の原因はどうやってわかるのか、どうやって「証明」するのか、など重要なことがとても多いです。

被害者と医師の先生をつなぐ役割をしつつ、賠償のために最善の準備をするのが私たちの仕事の重要な部分です。

3 ご自身をいたわってください。

 多くの交通事故の被害者の方やそのご家族は、事故後にしなければならない膨大な事故の後処理(治療を含みます)に追われ、疲れ切っているのではないでしょうか?そのような疲れた状態で、「加害者側と戦いましょう」なんて言われると、また疲れがどっと出て、体の力が抜けて、また、大変な思いをしないといけないのか、だったら、「もうこれでいいや」と考えてしまうのではないかと思います。

 ご依頼を受けた場合に先頭に立って戦うのは私たちの仕事です。いわば、リレーのアンカーのようなものが私たちの仕事です。交通事故被害者の方やそのご家族からバトンを渡していただければ、私たちが最後まで走ります。賠償金の問題、後遺症の問題、乗り越えるべき壁にどう立ち向かって、超えていくべきかの方針の決定や具体的に作成する書面や交渉、裁判等は、多くは私たちが皆さんの代わりに行うことできます。

 どうか、被害者ご本人やご家族の方は、少しでも事故前の平穏な生活に近づけるようご自身をいたわってあげてください。私たちに依頼していただくことで、ご自身は戦わなくてもいい、そして、正当な権利の主張が可能になるのです。

4 損しないこと

 控えめな人は、損害賠償金の事は気にしないというかたもいます。

大手の保険会社がそんな低い提示をするはずがないと信じている方もいます。

しかし、たくさん賠償金を取る、という考えではなく、「損をしない」という発想はいかがでしょうか。

これだけ嫌な思いや辛い思いをして、あなただけ本来の相場よりも低い金額の賠償金を受ける理由はないのです。ちゃんとした相場に基づいて支払ってもらうべきなのです。

保険会社を責める必要はないですが、あなたが損をする理由もありません。

あなたが得る賠償金は家族の今後の生活やあなたご自身の収入減少を補償したり、今後のリハビリやマッサージ等の費用に充てる貴重なお金です。適正な賠償金を取得しましょう。 

5 できるだけ早く相談を

 私たちは今までの経験から、事故後のできるだけ早い時期に、交通事故に力を入れている弁護士に相談・依頼をすることが、事故に遭われた皆様の最善の解決へつながるとの結論に至りました。

なぜなら、一度間違った方向に進んでしまった場合、時間がたてばたつほど、修正が困難になることもあるからです。

例えば、MRIなどの画像に最初の1、2ヶ月は写っていたかもしれないものが、その後は消えてしまうこともあります。

後遺障害の認定において、その「あったかもしれない画像」が決定的な意味を持つこともあります。

事故直後に相談をいただくことで、今後の流れを全体的に俯瞰することができますので、それ自体が安心につながります。

 

 

事故発生から解決までの流れ

詳しくはこちら
  1. 事故発生
  2. 治療
  3. 症状固定
  4. 示談案の提示
  5. 示談交渉・基礎
  6. 解決

 当事務所では事故発生直後から被害者に寄り添い、後遺障害の等級認定サポートを行っております。事故に遭ってしまったら、できるだけ早いタイミングで弁護士にご相談ください。

弁護士コラム

もっと見る