後遺障害認定サポート

適正な損害賠償金を得るためには、 適切な後遺障害の等級認定を 受けることが最重要になります。
交通事故の被害者が、被害に見合った適切な損害賠償金を得るために最も重要なことは、後遺障害の等級認定を適切に受けることにあります。 

交通事故による被害の損害賠償の項目にはいろいろなものがありますが、中心となるのは、後遺障害の損害です。

後遺障害の等級認定を適切に受けられるかどうかが、最初の大切な関門となります。

後遺障害の等級認定を受けるうえで、重要なポイントは

① 治療を適切なタイミングで必要なものを行うこと、必要な検査を過不足なく行うこと
② 後遺障害診断書をきちんと作成してもらうこと
③ 自賠責の等級認定の仕組みをきちんと理解し、必要な場合には異議申し立てをすること

が必要となります。

①、②,③いずれの過程においても、後遺障害に対する理解と医学的な知識を一定程度必要とします。

なお、医師は、治療のプロであって、賠償問題のプロではありません。また、医師は高度に専門化されていることもあり、自分の専門外の分野については、あまり知識がない場合もあります。

このような事故の場合には、このような後遺障害が発生するという経験則や過去の事例の分析等から、適切な後遺障害等級の認定を受けるには、何をすればよいかを検討していきます。

当事務所は、必要があれば、医師やほかの士業とも連携して、後遺障害獲得のためにどのような治療や検査が必要か、後遺障害診断書には何を記載してもらえばよいのか、アドバイスをいたします。

後遺障害認定のための立証活動を専門に行っている専門家をご紹介する事も可能です

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。0120-552-451

最新情報・解決事例