60代、専業主婦がCRPSで14級9号の後遺障害認定を受けた事例

1被害者の属性

 事故時60代、専業主婦。

2事故の態様

 優先道路を走行中、加害者が細い道から入ってきて衝突。

3傷害の態様

 左第五中手骨骨折複合性局所疼痛症候群
 事故後約2年2カ月整形外科に通院し、症状固定の診断。

4保険会社の損害額提示

 保険会社の事前認定により後遺障害の等級申請を行い、14級9号に認定を受け、その後に当事務所に依頼。受任前に相手方の任意保険会社からは約130万円の提示。

5 当事務所受任後の解決

 当事務所で受任後、まずは、異議申立の検討をしましたが、自賠責上CRPSの認定は、①関節拘縮②骨萎縮③皮膚の変化(温度等)を満たす必要があり、これらの要件がすべて満たされないと認定が難しいのが現状です(裁判上も同様です)。そのため、異議申立は困難と判断し、相手に賠償請求をしましたが、回答はありませんでした。

 その後、訴訟を提起し、休業損害120万円、逸失利益140万円、入通院慰謝料と後遺障害慰謝料を合わせて250万円と過失相殺をしても、最終的に450万円という解決が出来ました。自賠責の75万円分は別に受領しています。

手の後遺障害の最新記事

最新情報の最新記事

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。0120-552-451

最新情報・解決事例