30代男性・左手TFCC損傷・異議申立後12級に認定され、1100万円を回収した事例

1被害者の属性

 30代男性、会社員

2事故の態様

 大きなカーブに差し掛かったところで対向車が中央線をはみ出してスリップしてきたため、被害者の自動車に衝突した。

 

3傷害の態様

 左膝打撲、左手関節TFCC損傷、左肋骨打撲

4保険会社の提示

 治療中に弊事務所において受任しましたので、保険会社の事前提示はありません。自賠責に被害者請求をしたところ、後遺障害診断書には「TFCC損傷」の記載があったにも関わらず、自賠責事務所は、画像上はTFCC損傷は認められないとして、痛みがあったことから14級9号の認定がされました。

  異議申し立てをするにあたり、手の専門家の医師に診ていただき、画像上、TFCC損傷が認められることを意見書として記載していただきました。

  その結果、異議申し立てが通り、12級の認定になりました。

 

5当事務所受任後の解決

 まず、自賠責から224万円を受領しました。

  その後、相手の任意保険会社と交渉を重ね、自賠責分の他に総額約900万円を受け取る内容の示談をすることができました。こちらの請求額の100%による示談でした。

 

 

 

 

 

手の後遺障害の最新記事

解決事例の最新記事

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。0120-552-451

最新情報・解決事例