バイク事故で右手首にTFCC損傷を負い、後遺障害非該当であったのが、異議申立をし、後遺障害12級6号を獲得した事例

1 被害者の属性   

事故当時36歳の男性。

2 事故の態様   

バイクで走行中、突然飛び出してきた車と衝突しそうになったため、避けようとして転倒し、右手をついたため、捻挫、挫傷の他TFCC損傷を負いました。

3 保険会社の損害額提示   

被害者の方は、自賠責の後遺障害等級認定において、非該当になったため、治療分の医者老や休業損害として約45万円を受け取り示談しました。後遺障害部分についての保険会社の提示は、後遺障害等級非該当であったため、0円の提示でした。

4 当事務所受任後の解決   

当事務所が受任した後、医療機関から証拠を収集し、新たに手の専門医の診断を受けるなどして、異議申立をしたところ、自賠責において12級6号に認定されました(可動域制限)。   

最終的には、相手の任意保険会社と示談し、570万円で示談しました。0円から570万円に増加したことになります。

手の後遺障害の最新記事

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。0120-552-451

最新情報・解決事例