40代・専業主婦が外傷性頚部症候群で非該当になった事例

1被害者の属性

 40代女性、専業主婦

2事故の態様

 自動車で走行中、レーンを変更してきた車が衝突してきた。

3傷害の態様

 外傷性頚部症候群に約1年通院し、症状固定の診断。

4保険会社の損害額提示

 まず、保険会社の事前認定では非該当となりました。

5 当事務所受任後の解決

 当事務所が依頼を受けた後は、異議申立をしましたが、非該当の結論は変わりませんでした。主婦の休業損害と傷害慰謝料と合わせて230万円で示談が出来ました。非該当の事案としては高額な事例と言えます。

最新情報の最新記事

首の後遺障害の最新記事

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。0120-552-451

最新情報・解決事例