50代、兼業主婦の女性が頸椎捻挫14級9号の後遺障害認定を受けた事例

1被害者の属性

 事故時50代、兼業主婦。年収200万円程度

2事故の態様

 車に乗車中、信号待ちで停止しているところに後ろから追突された。

3傷害の態様

 頸椎捻挫腰椎捻挫
 事故後約6カ月整形外科に通院したが、6ヶ月経過したことを理由に保険会社が一方的に治療を打ち切った。そのことに不満があり、文句を言ったところ、相手には弁護士が代理人としてついた。怪我が詐病ではないか、といわれた。仕方がないので、自分の健康保険を使って自費で通院を続けた。

4 保険会社の損害額提示

 治療終了段階からすぐに当事務所が依頼を受け、後遺障害の等級申請を行い、14級9号に認定されました。当事務所に依頼をされた時点では、後遺障害の手続き未了であったため、保険会社からの具体的な金額提示はありませんでした。

 まず、ここで自賠責の被害者請求として14級の75万円を取得しました。

5 当事務所受任後の解決

 14級9号の裁判基準に基づいた計算をし、相手の保険会社に請求しました。相手の保険会社は満額認めたため、最終的には自賠責の75万円+約220万円の賠償金を取得できました。

最新情報の最新記事

首の後遺障害の最新記事

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。0120-552-451

最新情報・解決事例