バイク事故で外傷性くも膜下出血、脳挫傷の傷害を負い、1週間後に死亡してしまった事例

1 被害者の属性   

60代後半・女性・専業主婦・パート

2 事故の態様   

バイクで通行中、交差点を相手が一時停止したものの、左右確認をおこたり、衝突しました。

3 傷害の態様   

被害者は、外傷性くも膜下出血、脳挫傷の傷害を負い、1週間後に亡くなられました。

4 保険会社の損害額提示   

事故直後に、相続人のから依頼を受け、保険会社の提示を待たずに、訴訟を提起しました。。

5 当事務所受任後の解決   

当事務所が受任した後、訴訟を提起し、最終的には約3600万円で解決しました。

死亡事故の最新記事

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。0120-552-451

最新情報・解決事例