前方不注意の自動車にはねられ死亡した事案 約2500万円から約4370万円の増額事例

1 被害者の属性

女性・72歳・専業主婦(自営業の夫を手伝うこともあり)

2 事故の態様

横断歩道のないところを横断しようとしていたところ、前方不注意の自動車にはねられ、死亡した事案。

3 当事務所が受任してからの解決

保険会社から賠償額が提示される前の時点から、当事務所が依頼を受け、示談交渉を始めましたが、保険会社は約2500万円程度の提示にとどまったため、訴訟を提起しました。慰謝料や逸失利益の算定において、裁判所はこちらの主張を多く認めたため、約4370万円で解決しました。示談交渉時から約1.7倍に増額しました。

死亡事故の最新記事

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。0120-552-451

最新情報・解決事例