自転車で走行中、自動車に轢かれ死亡した事案において、賠償額が2400万円から3600万円にアップした事例

1 被害者の属性

事故当時70歳の女性。事故当時は専業主婦

2 事故の態様

県道を自転車で横切ろうとした際に、前方不注視の自動車にはねられた事案。

3 傷害の態様

血気胸、多発肋骨骨折の傷害を負い、即死しました。

4 保険会社の損害額提示

当事務所に依頼をされた時点での保険会社の提示額は、約2400万円でした。これは自賠責の金額と同じ金額でした。

5 当事務所受任後の解決

当事務所が受任した後、保険会社と交渉を開始しましたが、話がつかず、また、争点も大きくないと考えられたため、日弁連の示談あっせん手続を申し立てました。 すると、保険会社は従前の主張を変え、相手方は、事故を避けることができなかったので、そもそも責任がないから賠償額は0円であるとの主張をしました。

その結果、当事務所では申立を取り下げ、直ちに被害者請求をし、自賠責から約2400万円を先に回収した上で、裁判所に訴訟提起をしました。 裁判所は、被害者の過失割合をわずか20%と認定し、自賠責から回収した2400万円の他に、さらに1200万円支払うことを内容として和解が成立しました。

死亡事故の最新記事

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。0120-552-451

最新情報・解決事例