一時停止せずに進行してきた車両にはねられ、亡くなられてしまった事例

1 被害者の属性   

事故当時81歳の女性。

2 事故の態様   

交差点で、加害者が一時停止せずに進行してきたため、加害車両と衝突した(過失割合 被害者10%)  なお、保険会社は被害者の過失は20%であると争ってきました。

3 傷害の態様   

交通事故の後、すぐに病院に運ばれましたが即死でした。

4 保険会社の損害額提示   

保険会社からは総額2000万円の提示がありました。

5 当事務所受任後の解決   

当事務所が受任した後、相手方保険会社が裁判基準での請求に応じないため、訴訟を提起しました。最終的には治療費などを除いて、約2695万円で解決しました。  
(なお、当事務所が依頼を受けたのは、被害者の相続人2人のうち、1人の方のみです。葬儀費用や、車両の損害については、もう1人の相続人が取得する話になっていたため、当事務所の依頼者が取得した額は1254万円でした。)

死亡事故の最新記事

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。0120-552-451

最新情報・解決事例