20代男性・高速道路での事故・死亡・約9200万円を回収した事例

 

1被害者の属性

 20代男性、会社員

2事故の態様

 自動車の後部座席に乗車中、後方より追突された。

3傷害の態様

 即死

4保険会社の提示

 当初、加害者は自分に責任がないことを主張し、他者に責任を転嫁する旨の主張をしていました。

5当事務所受任後の解決

 事故後、加害者が自らの罪を認めていたわけではなく、代理人がついた後に急に焼香をしたい等の話をするなど、被害者遺族からすれば保身のために自分の有利になるような情状事実を作りたいのではないか、との疑いがありました。

  示談交渉が出来る状況ではないため、徹底的に加害者と争うべく、最初から訴訟を提起しました。

  刑事事件においては、被害者参加という形で遺族の方々も関与し、弊事務所の弁護士も遺族の方と一緒に被害者参加の手続きに関与しました。

  刑事事件では有罪となり、民事裁判は100%加害者に責任があることを前提に進みました。結果として約9200万円を回収できました。

  加害者本人は、民事裁判に顔を出しませんので、遺族の方の思いとしては複雑なものがありました。

 

 

 

 

 

死亡事故の最新記事

解決事例の最新記事

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。0120-552-451

最新情報・解決事例