40代女性の死亡事故 賠償金が5150万円から6450万円にアップした事例

1 被害者の属性

40代・女性・会社員

2 事故の態様

自動車を運転中、センターラインをオーバーしてきた大型トラックに正面衝突され、死亡してしまいました。

3 保険会社の損害額提示

加害者の保険会社は、5150万円を提示しました。 慰謝料については、裁判基準を前提に、逸失利益も任意保険会社としては異例の金額を算出していました。

4 当事務所受任後の解決

最終的には、約6460万円で解決しました。もともとの提示が、比較的高額であったこともあり、アップした金額の幅は小さいものですが、裁判基準の賠償額で示談しました。

相談を受けてから、解決まで1ヶ月のスピード解決でした。この間、相手保険会社との電話や書類によるやりとりは、短い期間の間でも、十数回になりました。

こちらの請求内容に応じられないときは、訴訟にするという前提での強い主張をしました。 最終的に、裁判する前提で準備を進めていましたが、粘り強く交渉することの重要性を改めて認識しました。

死亡事故の最新記事

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。0120-552-451

最新情報・解決事例