腰椎捻挫、胸部打撲等で14級の後遺障害等級の認定を受けた事例

1 被害者の属性

事故当時42歳の男性。派遣社員で事故後に複数回転職。

2 事故の態様

交差点で停車中に後方から追突されました。

3 傷害の態様

腰椎捻挫、胸・腰部打撲、右肋骨部打撲 事故当日から治療を開始し症状固定まで約1年5か月で病院12回、整骨院223回通院。腰椎捻挫、胸部打撲でそれぞれ自賠責から14級9号、併合14級の後遺障害等級が認定されていました。

4 保険会社の損害額提示

当事務所に依頼をされた時点では、自賠責の後遺障害分75万円はすでに回収済み、当初の保険会社の提示は約157万円でした。

5 当事務所受任後の解決

当事務所が受任した後、保険会社と交渉したところ、慰謝料上積み、事故後に転職していたことから逸失利益の算定基礎となる収入額をどうするかについて争点となりました。 現在の収入が事故当時と比べても増額していることから現時点での収入を考慮すべきとして交渉を行い、最終的に約266万円と当初提示の約1.69倍での解決となりました。

腰部の後遺障害の最新記事

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。0120-552-451

最新情報・解決事例