頚椎捻挫で14級9号の後遺障害認定。賠償額が約2倍の約327万円に増額した事例

1 被害者の属性

40代・男性・自営業

2 事故の態様

交差点で赤信号待ちで停車していたところ、後から追突された事故です。

3 傷害の態様

頚椎捻挫と診断され、首の痛みや重さ感が続いたため、実治療日数で90日間通院したところで、保険会社から治療を打ち切られました。その時点で、当事務所に相談にいらっしゃいました。今後の進め方について、当事務所でアドバイスをし、まだ症状は残っていたことから、自費で整形外科に通院を続けました。

4 保険会社の損害額提示

保険会社は、14級9号に認定された後、総額約160万円の提示がありました。

5 当事務所受任後の解決

当事務所が依頼を受けた後、示談交渉した結果、約327万円に増額しました。
増額した内訳は、①保険会社は逸失利益を2年分しか見ていなかったが、裁判基準の5年を前提に計算した、②後遺障害慰謝料がもともと40万円という算定だったのが、裁判基準の110万となった、あわせて通院慰謝料も裁判基準を主張し、相手が認めたというものです。

首の後遺障害の最新記事

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。0120-552-451

最新情報・解決事例