保険会社から治療打ち切りと言われたら

特にむちうち症状の場合、3ヶ月程度経過すると、加害者の保険会社から、そろそろ治療を終了してください、治療費を打ち切りますよ、と言われることがあります。

自覚症状のみで、XP(レントゲン)やMRIで撮影しても、画像所見が得られない場合は、打ち切りと言われやすい傾向にあります。

そして、むちうちの多くの方は2,3ヶ月で症状がよくなってしまうこともあり、少数派の痛みや症状が残る被害者に対しては、治療打ち切りを宣言されることもあります。

この場合は、①弁護士等に相談して、期間をのばしてもらう、②健康保険を使用して、自費負担分は自分で支出すると言う方法があります。

治療を継続すべきかどうかは、医師の意見も重要となります。

医師が治療は終了するという考えである場合は、別の医師に診てもらうことも検討して良いと思います。

ただし、打ち切りの中には、不当な打ち切りもあるのが実情です。その場合には、いったん健康保険で自費負担をしておいて、後に後遺障害等級が認められればその治療費は支払ってもらえることもあります。

一番考えることは、あなた自身の症状がよくなるようにすることですが、そのためにはいろいろな方法を考えないといけないこともあります。

一般的に2,3ヶ月でむちうちの症状は良くなると言われることと、あなた自身が今現在抱えている痛みや症状はまったく別の話です。