介護費用について

介護費用は、交通事故の損害賠償請求の中でも非常に重要な項目です。

常時介護が必要な場合で、被害者が30歳等の若年者である場合は、今後数十年間介護を続けなければなりません。

その際に、家族が仕事をやめて介護をしたり、職業的な介護人を雇って介護してもらう必要があるなど相当な費用がかかります。

介護費用は、加害者に請求できますが、認められる金額はケースバイケースです。

多額の場合は、1億円単位にのぼることもあります。

現時点で介護の計画をきちんと立てて、加害者に請求すべきものは請求しないと、被害者本人のみならず、他の家族まで、交通事故によって生活が乱されてしまいます。