頚椎椎間板ヘルニア

1 傷病名

頚椎椎間板ヘルニア(けいついついかんばんへるにあ)

2 傷病の原因等

頚椎椎間板ヘルニアが発生する原因にはいくつかあります。
一つは、椎間板の加齢による退行変性があります。椎間板がみずみずしさを失い、つぶれたような状態になり、後方に突出することにより、脊髄や神経根を圧迫することを原因に発症します。なお、椎間板ヘルニアがあるからといって必ず症状が出るわけではありません。

もう一つは、外傷性のものです。
交通事故などの強い衝撃を受けたことをきっかけとして、椎間板が突出し、椎間板ヘルニアが発症します。
ここで重要なのは、医師に「外傷性」との診断名を受けるかどうかではありません。客観的に画像等を見て、医師がそのような症状を見ることができるかが重要です。

大切なのは、もともと椎間板ヘルニアがあったとしても、医師の診療を受けていたか、痛み等があったか、もともとは痛み等の症状がなかったのに、事故の衝撃をきっかけとして症状が出るようになったか、と言う点です。
年齢相応の退行変性があることは、被害者の責任ではありません。

ただし、従来から痛み等の症状があったが、事故によりさらに増大したと言う場合は、もともと「疾患」を有していたとして、素因減額の対象になります(つまり、損害額の内、何割かを減額される可能性があるということです)。

3 症状

首、肩の痛み、重さ感、手指のしびれ、四肢麻痺

4 治療内容

保存療法が選択されます。薬物療法、理学療法、頚椎カラー装具による固定、神経ブロック注射、場合によっては手術

5 後遺障害

神経症状により、12級13号または14級9号に該当する可能性があります。