大腿骨顆上骨折・大腿骨顆部骨折

1 傷病名

大腿骨顆上骨折、大腿骨顆部骨折(だいたいこつ・かじょう・かぶ こっせつ)

2 傷病の原因等

ひざ関節に近い部分での骨折をいいます。
交通事故により、大きな外力が加わった場合にも発生します。

3 症状

受傷直後より、起立不能となります。患部に激痛が走り、腫れ、ひざ関節の可動域制限、ひざ関節の異常可動が認められます。

4 治療

転位が軽度の場合は、ギプス固定等の保存療法、重度の場合は、手術療法を行います(創外固定、プレート固定、髄内釘など)

5 後遺障害

ひざの可動域制限が残存した場合は、その程度により、8級7号、10級11号、12級7号が認定される可能性があります。可動域制限がない場合でも、神経症状として12級13号、14級9号が認定される可能性があります。