大腿骨近位部骨折

1 傷病名

大腿骨近位部骨折(大腿骨骨頭骨折、大腿骨頸部骨折、大腿骨頚基部骨折、大腿骨転子部骨折、大腿骨転子下骨折)

2 傷病の原因等

大腿骨は頑丈で、比較的大きな力にも耐えられますが、交通事故においても、相当大きな外力がかかった場合に、骨折します。

3 症状

骨折部の疼痛、立位・歩行困難、可動域制限などがあります。
大腿骨の血管が損傷することにより、大腿骨頭壊死を合併することがあります。

 

4 治療

基本的に手術療法がなされます(ガンマネイルやネイルプレートによる固定術)。内側骨折は血液循環が悪いため、骨癒合が難しいと言えます。さらに、疼痛が少ないために、発見が遅れることがあります。骨頭壊死が生じた場合は、人工骨頭置換術や人工股関節置換術がなされます。外側骨折は、骨癒合は良好です。
腓骨神経麻痺等を合併することがあります。

5 後遺障害

症状固定は、事故から半年経過してからなされます。内側骨折などの発見が遅れた場合は手術後半とイット経過してから症状固定となります。

股関節の可動域制限の場合は、8級7号、10級11号、12級7号に認定される可能性があります。なお、一下肢の用を全廃した場合(股関節、膝関節、足関節の可動域が10%以下のとき)は5級7号に認定される可能性があります。