上腕骨近位端骨折

1 傷病名

上腕骨近位端骨折(じょうわんこつきんいたんこっせつ)

2 傷病の原因等

上腕骨近位端骨折とは、肩から肘にかけての上腕骨のうち肩に近い部分の骨折をいいます。
交通事故においては、肩の外側を強く打ったり、手をついたりした場合に発生し、バイクに乗車中の事故でよく見られます。

3 症状

骨折すると、自分では腕を上げられなくなり、疼痛と荷担関節の可動域制限が生じます。また、皮下出血のために患部が腫れ上がったり、腕の形が変形します。

4 治療の内容

骨折の程度により、保存療法がなされる場合と、手術をする場合があります。

5 後遺障害

骨が癒合した場合でも、肩関節の可動域制限として、その程度に応じて、8級6号、10級10号、12級6号に認定される可能性があります。