舟状骨骨折

1 傷病名

舟状骨骨折(しゅうじょうこつこっせつ)

2 傷病の原因等

交通事故の関係では、バイクに乗車中に交通事故に遭い、手をついたときにおこりやすいものです。
舟状骨とは、親指の付け根と手関節の境目のあたりにある骨をいいます。

3 症状

背側の「解剖学的嗅ぎたばこ入れ(anatomical snuff box)」部分に痛みや腫れが生じます。

4 治療

転位が少ない場合は、ギプス固定等の保存療法、転位が大きいときは手術を行います。

5 後遺障害

手関節の可動域制限として、8級6号、10級10号、12級6号に認定される可能性があります。
また、神経症状として12級13、14級9号に認定される可能性があります。