腕神経叢損傷

1 傷病名

腕神経叢損傷(わんしんけいそうそんしょう)

2 傷病の原因等

腕神経叢とは、簡単に説明しますと、神経の束が頚部から鎖骨の下をとおり、腋の下まで草むらのように分岐している部位を言います。
第5から第8頚髄神経根と第1胸髄神経根からなる神経の集まりが複雑に分岐しています。
交通事故により、頚部に牽引力が加わることによって、腕神経叢が引き延ばされて、発生します。

3 症状

損傷部位によって、上位型、下位型、全型に分類されます。
上位型では、肩やひじの運動が障害され、上腕から前腕外側に感覚障害が現れます。下位型では主に手指の運動が障害され、手の小指側から前腕内側に感覚障害が現れます。全型の場合は、肩から手までの運動障害、感覚障害が現れます。

4 治療

程度により、保存療法や神経移植術、筋肉移植術等の手術が行われます。

5 後遺障害

腕神経損傷は、その症状により、一上肢の用を廃したもの(肩、ひじ、手関節の3つの関節が10%以下しか動かない)として5級6号に認定される可能性があります。一上肢の二つの関節が用を廃したとされる場合は、6級6号となります。