尺骨神経麻痺

1 傷病名

尺骨神経麻痺(しゃっこつしんけいまひ)

2 傷病の原因等

交通事故による尺骨神経の直接損傷や、他の傷病による圧迫により生じます。

3 症状

尺骨神経は、薬指外側1/2と小指の掌背側と手内筋を支配しています。
尺骨神経が麻痺すると、手内筋の麻痺により薬指、小指のMP関節の過進展、PIP関節、DIP関節が曲がった状態となり、鉤爪指(claw finger)あるいは鷲手(claw hand)となります。

4 治療

症状が軽い場合は、保存療法により、症状が進行している場合は、手術によります。

5 後遺障害

指の可動域制限等については、10級10号、12級6号に認定される可能性があります。
神経症状として、12級9号が認定される可能性もあります。