頚椎捻挫で整形外科に約1年半通院し、14級9号の後遺障害等級認定を受けた事例

1 事故の被害者

  事故当時52歳の男性。会社役員。

2 事故の態様

  交差点で、赤信号のため一時停止していたところ、後から追突されました(過失割合 被害者0)

3 傷害の態様

  事故当日、病院に行き、頚椎捻挫と診断されました。

  その後、リハビリを含めて約1年半、整形外科に通院したところで症状固定と診断され、14級9号の後遺障害認定を受けました。
4 保険会社の損害額提示

  被害者本人が自賠責に対し、被害者請求をし、76万円を受領しました。
保険会社からの提示の前に、当事務所が依頼を受け訴訟を提起しました。

5 当事務所受任後の解決

  当事務所が受任した後、最終的には治療費などを除いて、さらに、自賠責からの回収金76万円を除いたうえで、425万円で解決しました。