腰部捻挫で14級9号の後遺障害等級の認定を受けた事例

1 被害者の属性   

30代会社員 男性(夫婦で同乗していたので、夫婦で被害者になりました)

2 事故の態様   

平成20年に信号待ちで停止中に後から追突され、その1年後、別の場所で同じように後から追突される事故にあいました。

3 傷害の態様   

二つの事故で同じ腰部捻挫の傷害を負い、治療期間がのびました。

4 保険会社の損害額提示   

後遺障害等級認定前から依頼を受け、自賠責から14級9号の認定を受けました。

5 当事務所受任後の解決   

当事務所が受任した後、相手の保険会社と交渉し、最終的には約374万円で解決しました。

腰部の後遺障害の最新記事

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。0120-552-451

最新情報・解決事例