50代女性(パート)・頚部捻挫・腰部捻挫14級9号・250万円を回収した事例

1被害者の属性

 50代女性、パート

2事故の態様

 信号停車中に後方から追突された。

3傷害の態様

 頚部捻挫、腰部捻挫

4保険会社の提示

 治療終了前に相談、依頼を受けたため保険会社からの金額提示はなし。

5当事務所受任後の解決

 治療終了後、自賠責保険に対して被害者請求を行い、頚部、腰部の神経症状についてそれぞれ14級9号、併合14級の認定を受けました。

 認定された後遺障害を前提に保険会社に対し請求を行いましたが、協議の時点で保険会社からは事故の物損額が低額であることから事故と怪我との因果関係が争われた他、パートをしていた被害者の休業損害、慰謝料額等が争われました。

 本件では、同乗していた被害者の母親(70代、後遺障害なし)も同じ事故で受傷という特殊事情がありました。通常は、50代女性であり、パートをしている場合は、高齢の家族もいるため、家事従事者を前提に損害賠償の請求をしますが、本件では、母が家事従事者として休業損害を受けていたため(弊事務所が受任する前)、後になって、50代女性が家事従事者と主張することはできませんでした。ただし、実質的には、50代女性は半分程度は家事をしていたという事実もあり、2名あわせて示談あっせん手続の申立を行いました。

 あっせん手続においても保険会社側は、50代女性の家事労働分は全く見てくれませんでしたが、あっせん担当弁護士からは概ね当方の主張を認める内容の案が出されました。これに対し、保険会社側としては被害者、母両名の損害額についての調整をすることで、合計額としては受け入れるとのことで、双方協議調整を行い、合意が成立しました。

 最終的に、被害者本人に対しては治療費等既払金を除き、後遺障害に関し先に受領していた自賠責保険金と併せ約250万円、母親について既払金を除き約130万円での解決となりました。

 

腰部の後遺障害の最新記事

解決事例の最新記事

首の後遺障害の最新記事

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。0120-552-451

最新情報・解決事例