頸椎捻挫で14級9号の後遺障害認定を受けた事例

1被害者の属性

事故時58歳の会社員男性。

2事故の態様

センターオーバーの車と衝突。

3傷害の態様

頸椎捻挫 事故後約7か月通院で約150回通院、自賠責から14級9号に認定されていました。

4保険会社の損害額提示

当事務所に依頼をされた時点では、自賠責の後遺障害分75万円はすでに回収済み、当初の保険会社の提示は、約150万円でした。

5当事務所受任後の解決

当事務所が受任した後、保険会社と交渉したところ、慰謝料、逸失利益が争点となりましたが、実際に減収が生じていること等から保険会社は上積みには応じ、最終的に約285万円と当初提示の約1.9倍で解決となりました。

首の後遺障害の最新記事

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。0120-552-451

最新情報・解決事例