外傷性頚部症候群で異議申立の結果、14級に認定 損害賠償額が約1.9倍に増額した事例

1 被害者の属性

30代・男性・自営業

2 事故の態様

道路を進行中、左折しようとしたところ、後から追突されました。

3 傷害の態様

外傷性頚部症候群と診断され、後遺障害申請をしたところ、非該当になりました。

当事務所に相談に来た後に、再度、集める書類や治療についてアドバイスをし、異議申立をしたところ、14級9号に認定されました。

4 保険会社の損害額提示

保険会社の提示は、通院慰謝料と後遺障害分の慰謝料と逸失利益で約153万円でした。

5 当事務所受任後の解決

当事務所が受任した後、保険会社と交渉し、最終的には、約293万円で示談が成立しました。

本来は、裁判基準前提であと20万円ほど上積みが可能であり、裁判をすることも検討しましたが、この方の場合は、休業補償が通院実日数分300万円以上支払われていており、裁判にした場合、休業補償で争いになり、かえって全体としては受け取る賠償額が下がることも十分に考えられる事案でした。

したがって、約293万円で示談となりました。約1.9倍に増額しました。

首の後遺障害の最新記事

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。0120-552-451

最新情報・解決事例