頚椎捻挫(むちうち)で14級9号の後遺障害等級の認定を受けた事例

1 被害者の属性

20代・女性・会社員

2 事故の態様

信号待ちで停車中、後から追突されました。

3 傷害の態様

頚椎捻挫

4 保険会社の損害額提示

行政書士に依頼し、自賠責事務所から14級9号に認定されました。当事務所に依頼をされた時点では、自賠責の後遺障害分75万円はすでに回収済みでした。当初の保険会社の提示は、32万円でした。

5 当事務所受任後の解決

当事務所が受任した後、保険会社と交渉しましたが、保険会社はわずか数十万円を上積みするのみで交渉を重ねても70万円程度の提示しかしませんでした。

このまま、交渉を続けることに意味はないため、日弁連交通事故相談センターのあっせん手続を申し立てし、最終的には約270万円で解決しました。8.43倍に増額しました。なお、本件は主婦の休業損害が約100万円認められていることが自賠責の75万円以外にも270万円の損害が認められた理由です。

首の後遺障害の最新記事

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。0120-552-451

最新情報・解決事例