40代男性・頚部捻挫・14級9号・400万円を回収した事例

 

1被害者の属性

 40代男性、会社員

2事故の態様

 信号のない交差点での自動車同士、出会い頭の衝突事故。被害者自身は運転していない同乗者

3傷害の態様

 頚部捻挫

4保険会社の提示 

治療終了し症状固定となった後も症状が残存していたものの、後遺障害なしとの前提で保険会社から本人に対し、既払いの治療費約80万円を含めて合計約200万円での示談提示を受けていました。

5当事務所受任後の解決

 受任後の対応として、本人の症状が残存しており、保険会社の治療対応打ち切り後も長期にわたり健康保険を使って自費での通院を継続していた等の事情もあり、後遺障害について自賠責保険への被害者請求を行ったところ、残存症状について14級9号の後遺障害が認定されました。

 その後、後遺障害が認定されたことを前提に保険会社との協議を行ったところ、主に慰謝料額、逸失利益について減額を求められ、争いとなりました。本人が裁判までは希望しないとのことで保険会社との協議を進め、最終的に既払を含め約400万円での示談となりました。

 

解決事例の最新記事

首の後遺障害の最新記事

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。0120-552-451

最新情報・解決事例