頸椎捻挫14級9号の後遺障害認定を受けた事例

1被害者の属性

 事故時40代、会社員の男性。

2事故の態様

 信号待ち中に後方から前方不注意のトラックがノーブレーキで被害者の後方の普通乗用車に衝突し、玉突き事故で被害者の自動車に衝突しまいた。

3傷害の態様

 外傷性頚部症候群、中心性頚髄損傷
 事故後約13カ月通院し、症状固定の診断を受けました。

4保険会社の損害額提示

 当事務所では、自賠責の等級認定から依頼を受けましたので、保険会社からの提示はありませんでした。

5当事務所受任後の解決

 まず、当事務所で依頼を受けた後に、自賠責に後遺障害等級申請を行い、14級9号の認定を受けました。

 なお、中心性頚髄損傷という診断名を受けていますので、より上位等級が認められそうに見えますが、中心性頚髄損傷と医師が診断したもののうち、自賠責上、中心性頚髄損傷と認められないケースは一定程度存在します。
 このような場合、自賠責の判断が妥当であるかどうかは、画像上異常が見えるかということと、現実に被害者本人に生じている症状を考慮して検討していくこととなります。

 本件では、被害者の方は脊髄損傷の症状はなく、外傷性頚部症候群からも生ずる内容の症状がメインでしたので、本人にも等級について納得をいただいた上、14級を前提に示談交渉を進めました。最終的に治療費等を除いて、約290万円の支払いで解決となりました。

首の後遺障害の最新記事

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。0120-552-451

最新情報・解決事例