30代、会社員女性が頸椎捻挫14級9号の後遺障害認定を受けた事例

1被害者の属性

 事故時30代、会社員の女性。

2事故の態様

 駐車場内での車同士の衝突

3傷害の態様

 頭部外傷、頸椎捻挫
 事故後約1年1カ月整形外科に通院し、症状固定の診断。

4保険会社の損害額提示

 保険会社の事前認定により後遺障害の等級申請を行い、14級9号に認定を受け、その後に当事務所に依頼。受任前に相手方の任意保険会社からは約90万円の提示。

5当事務所受任後の解決

 受任前の提示では、此方の過失割合を3:7であるとして、3割の過失相殺をした上での金額提示がされていました。
 本人が人身傷害保険に加入していたことから、発生した損害についてまず人身傷害保険の保険金を請求、相手方保険会社から既に支払を受けた治療費等を除き約160万円を受領しました。

 その後に相手方の任意保険会社に対し残額を請求し、既受領分のうち人身傷害保険として受領した保険金は被害者自身の過失割合に充当すべきことを主張、保険会社も最終的にこちらの主張を受け入れ、任意保険会社の支払として約120万円とすることで合意、人身傷害保険、相手方任意保険の合計で約280万円となりました。

首の後遺障害の最新記事

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。0120-552-451

最新情報・解決事例