20代、兼業主婦が頸椎・腰椎捻挫14級9号の後遺障害認定を受けた事例

1被害者の属性

 女性・20代、パート兼主婦

2事故の態様

 自動車で停車中に後方から追突された

3傷害の態様

 頸椎捻挫・腰椎捻挫
 事故後整形外科に約8ヶ月通院し、症状固定の診断を受けました。

4保険会社の損害額提示

 保険会社の損害額の提示は80万円でした。その後、被害者請求をすることにより、14級9号に認定を受けました。

5当事務所受任後の解決

 まず、自賠責保険から14級の賠償金75万円を受領しました。
 その後、保険会社との交渉で、当初、保険会社は、慰謝料については裁判基準の80%、逸失利益については2年分、休業損害についてはパートを休んだ日のみという回答しかありませんでした。

 その後も、粘り強く交渉を続けたことで、慰謝料は裁判基準と同額、逸失利益は14級の場合に多く認められる5年、休業損害は、家事ができなかった分についても一定程度認めた前提で示談をし、自賠責の75万の他に、約240万円受領することで解決しました。

首の後遺障害の最新記事

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。0120-552-451

最新情報・解決事例