大型トラックが追突し、両肩関節挫傷、右肩外傷後肩関節周囲炎等で、14級9号の認定事例

1 被害者の属性

40代・男性・会社員

2 事故の態様

信号待ちで停車中に、後から大型トラックに追突され、前に停止していた自動車と挟まれる形になった。

3 後遺障害の内容

被害者は、肩を強く打ち、肩関節挫傷、右肩外傷後関節周囲炎との診断を受け、自賠責調査事務所から神経症状として、14級9号に認定されました。

4 保険会社の提示

当初の保険会社の提示は、自賠責の75万円を含む合計約104万円でした。

5 当事務所受任後の解決

本件は、肩腱板不全断裂の疑いのある事案でしたが、主治医によると、経年性のものであり、本件事故とは因果関係がないとの話でしたので、依頼者と協議の上、後遺障害等級認定の異議申立はせずに、14級を前提に示談交渉をしました。

結果的には、約280万円で示談が成立し、約2.7倍の増額ができました。

肩の後遺障害の最新記事

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。0120-552-451

最新情報・解決事例