専業主婦の事故で、事故後段階的に家事労働への支障の割合を下げ計算することで合意した事例

1被害者の属性

 事故時30代、専業主婦の女性

2事故の態様

 助手席同乗、停車した際に後方から追突された

3傷害の態様

 頸椎捻挫
 事故後約半年通院し、治癒の診断。後遺障害なし。

4保険会社の損害額提示

 治療継続中に当事務所に依頼、治療終了後請求書を送付したため事前の提示はなし。

5 当事務所受任後の解決

 主婦の休業損害が主要な争点となりました。保険会社は本件事故の物損の損害額数万円で事故の衝撃が軽微である等として休業損害について治療終了まで家事労働に支障は生じない、と主張し減額を求めてきました。

 最終的に、事故後段階的に家事労働への支障の割合を下げ計算するということで合意し、既払金を除いて約110万円での示談となりました。

首の後遺障害の最新記事

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。0120-552-451

最新情報・解決事例