頚椎捻挫で14級9号の後遺障害に認定 賠償額が約187万円から約350万円の増額事例

1 被害者の属性

40代・女性・兼業主婦

2 事故の態様

右折するために、道路で停止中に後から追突された事故です。

3 傷害の態様

頚椎捻挫、腰椎捻挫、末梢神経障害と診断され、約11ヶ月通院をしました。頚椎捻挫について、14級9号と認定されました。

4 保険会社の損害額提示

保険会社は、約187万円の提案をしていました。

5 当事務所受任後の解決

当事務所が依頼を受けた後、示談交渉をし、紛争処理センターに申立をしましたが、相手は低い金額の提示に留まっていたため、訴訟を提起し、最終的には約350万円で解決しました。

首の後遺障害の最新記事

初回相談料・着手金無料ですので、お気軽にご相談ください。0120-552-451

最新情報・解決事例